夜勤で生活リズムが乱れるのが看護師のつらいところ

カレンダー通りの生活がしたくて転職

看護師5年目の20代女性です。現在夫と2人暮らしです。大学卒業後、ずっと精神科病院の慢性期閉鎖病棟に勤めてきましたが、年度末で退職して平日日勤だけの職場に変わりました。精神科病院の閉鎖病棟では、おおむね週に1回くらいのペースで夜勤がありました。夜勤自体はつらくなかったですが、睡眠や生活リズムが乱れるのが身体につらかったです。年数を重ねるごとに、きつくなると感じました。夜勤だけが理由ではありませんが、カレンダー通りの生活がしたくて、夜勤のない職場に転職しました。

夜勤は時間が長く感じるのでよけい疲れる

夜勤については、界隈ではよい額の手当をもらっていたので、それにつ

看護師も年齢を重ねるとどんどん夜勤がきつくなる

総合病院の病棟で夜勤を経験

現在は主婦をしている40代女性です。看護師として、総合病院に2年勤め、有料老人ホームで3年勤めた経験があります。総合病院に勤務していたときは、整形外科病棟の担当でした。当然夜勤があって、2交代制でした。夜勤の回数は週に1回くらいでしたが、職員が欠勤したりして人手不足になって、急な交代で夜勤に入ることもありました。

とにかく体力的に夜勤がきつかった

私は看護師になったのが遅かったので、夜勤はもう最初から体力的にきつかったです。とにかくひたすら眠って体力を溜めました。でも、帰宅してすぐ眠ると逆に体調が悪くなるので、無理して16時くらいまで起きておき、そのあとひたすら眠るという

夜勤がつらいときは同僚看護師と話し買い物で発散

市立病院の産婦人科勤務

産婦人科と小児科で働いている30代の女性です。看護師と助産師の資格を持っています。主に産科病棟で分娩介助をしていますが、現在は育休中です。勤務先は市立の総合病院で、夜勤は週に2〜3回あります。

夜勤の回数も手当も不満

現在の勤務先は、夜勤の回数が多いことも不満ですが、手当が安いことにも不満を感じています。夜勤だけでなく時間外手当も安いと思います。私立病院に勤めている友人から話を聞くと、やっぱり私立は手当もかなり高いようです。それに比べると、一般の市の職員よりはいい給料をもらっているといっても、やっぱり不満を感じてしまいます。

夜勤はどうしても手が回らないことがある

つらい夜勤も先輩看護師との距離を縮めるチャンスだと

準夜勤と深夜勤の回数が本当に多い

循環器外科に勤務して6年目になる、20代の男性看護師です。勤務先は一般病院で、循環器外科、心臓血管外科、透析があります。夜勤は、準夜勤(16時〜翌1時)が週に2回で月に7回程度、深夜勤(1時〜10時)が週に1〜2回で月に5回程度あります。

独身男性看護師だから特に夜勤が回ってくる

いまはとにかく、夜勤の回数が多いことが不満だしつらいです。最近は妊婦や主婦の夜勤を減らそうとしているので、独身者や男性に夜勤が回り、本当につらいです。また、夜勤の人数が2人ですが、食事の介助や処置の患者数のほうが圧倒的に多く、ほぼ残業になってしまいます。もう少し体制をしっかりしてほしいと思

1人夜勤はつらいけど看護師として勉強できる時間はたっぷり

准看護師時代にバイトしていた病院へそのまま入職

20代の女性看護師です。現在は育休中ですが、大阪市内の個人病院に勤務しています。私は高校卒業と同時に准看護師の資格を取得しました。そのまま短大に進学し、現在の職場でバイトとして週3〜4日勤務していました。そのときは主に手術直後の患者の看護でした。短大を卒業し、看護師の国家試験を受けましたが、1度落ちています。翌年再度国家試験を受け、正看護師資格を取得しました。正看護師になってから、バイトで働いていたその整形外科に就職し、現在も勤務しています。

当直医もいない1人夜勤がつらい

勤務先はスポーツ整形に力を入れている個人病院で、私は主にオペ室勤務と病棟勤務の